Entries

ひとり高尾山②

帰りは往きと同じコースの1号路(一部ケーブルカーでショートカット)を素直に選べばよかったのに、
魔がさしたのか吊り橋のある4号路で下ってみようか、という気になってしまい、
これが悪夢の始まりでした。

高尾山のコースはこんな風になっておりまして、
こういうイラストだとすごく楽々に見えてしまうのですが、
実際は…

170106高尾山5

(ここからはあくまでも普段登山なんかはしない中高年女性の感想です)

4号路入口付近。
170106高尾山6
この後ずっとこんな感じが続くとは思わなかったのです。

170106高尾山7
写真ではわかりにくいけど、左側が急斜面で柵や網なんてない細い道がずっと続きます。
えっ、これって落ちたらどうなるの?
今までそんな事故はなかったの?

私も一応高尾山のコースをネットで調べて行ったのですが、
4号路が「キツイ」「アブナイ」なんて誰も書いてなくて、
ってことは山に慣れている人にとってはこれくらい普通のことなのか…

でも見事に誰も歩いてないんです。
もしここで滑り落ちたら、誰にも知られず…ってこともあり得るわけで。

しばらくしてやっと後ろから20代男子2人が歩いてきて、
若い彼らは押し合って「ヤバイよ、死んじゃうだろ」なんてはしゃいでました。

あと見かけたのは4人グループの外国人観光客のみ。

やっと着いた吊り橋。
170106高尾山8
ここはほとんど揺れもせず普通に渡れました。

そして左側急斜面の細い道はその後も続き、
やっとケーブルカーの駅まで着いたのですが、ここでまた痛恨の選択ミス。
ケーブルカーの駅に人がたくさん並んでるのを見て、
「じゃあ歩いて下りようか」と簡単に考えてしまったのです。
これが大きな間違いでした。
ケーブルカーでショートカットできる部分を歩くと結構傾斜がきつく、
それは下りであっても足に堪えるのです。
今回つくづく箱根駅伝の5区6区を走る人たちスゴイ!って思いました。

で、教訓。
私みたいな人間は、素直に1号路(一部ケーブルカーでショートカット)を選びましょう!

今日は足が痛いよー



ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

のり

Author:のり
2k団地での生活の記録です。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR