Entries

『オデッセイ』観てきました

昨日、仕事帰りに『オデッセイ』を観てきました。

<あらすじ>
  火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた
  宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。
  乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。
  空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、
  ワトニーは生き延びようとする。
  一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、
  仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。
           (YAHOO!映画より)


極限状況に追い込まれた時の生き抜く力はすごいです。
ただし、いろんな知識や強靭な体力があってのこと。
私にはできない、と思ったけど、
そもそも私が火星に取り残されることなんてありえないわけで。
でも、家庭菜園の知識はあると何かと便利かもしれない、
やってみようか、とチラッと思ったのでした。

こういう“出てる人みんながいい人”なストーリーは大好きです。
最初は?っと思ったNASA長官だって協力的だったし。
(NASA長官は『ニュースルーム』のウィル役・ジェフ・ダニエル)
そして何より、主人公マークが前向き思考の持ち主だってことが、
明るいエンディングを予想させます。
「いつもでも青年」のイメージのマット・デイモンがぴったりハマってました。

マークが言うには“最低の選曲”だそうですが、
80年代ディスコ音楽が挿入歌として流れるのも
おじさんおばさん世代にはうれしいところ。
いつもはエンドロール最後まできっちり観ていく私も
特急の時間に間に合わないと席を立ちかけたときに『 I WILL SURVIVE 』が流れ、
特急に乗れなくてもいいや、っと最後まで観ちゃったのでした。
  (結果的には特急にも乗れたのですが)

   「私は生き残ってみせる、生き残るわ」

この映画にピッタリだー



ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

のり

Author:のり
2k団地での生活の記録です。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR